04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

チャリンコラーメン道

チャリで行った飲食店(主にラーメン屋)を亀ながら書き綴っていくブログ。その他、たわいもない出来事とか気まぐれに更新予定

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

昭和歌謡ショーin豊島区 

ネット予約しておいたDVDが立て続けに届いて
ここ最近、DVD鑑賞に浸っていた所為で
ブログ更新が滞ってました。

「永遠の0」

泣けるね・・・おじさんなんかもう昨日から3回観て
7回泣いたという・・・
最初は我慢してたんですよ。
目尻んとこにガマン汁出たけど、数分と持たなかったのね。
10分後には大号泣w

Hと一緒で早いんですorz

ドスケベでドМでド変態だけど早漏
最低のクソヤロー、三等兵です。


そうそう、東京チャリ旅のラーメン記事最終章

トリを飾るのはコチラ
t16.jpg
昭和歌謡ショーさんです。

中途半端な時間帯でもお客さんは途切れません。
午後2時くらいだったかな?
店内はカウンター5席のみ

t9.jpg
t10.jpg
ちょっと見辛いけど壁に貼ってあるメニュー

しばし悩んでオーダーしたのが「地球の塩ラーメン」
メニュー名の由来は、4種の塩を海と陸の比率にかけて7:3の割合で
ブレンドしたからなんだそうです。
俺、こーゆーセンス
嫌いじゃないです。

t11.jpg
6分後、上記写真の一杯がお目見え
透明度の高い塩ラーメンです。

t12.jpg
スープ(なぜか縦撮り?編集メンドクサイからガマンねw)
節系の魚介が前面に、動物系は弱く
後からほんのり煮干しが追従してきますね。
塩ダレは記述の通り、4種の塩をブレンドしたもので
丸みを帯びた後味スッキリタイプ。
魚介の旨味を引き立てるには恐ろしいほどバランスが良い。


t13.jpg
細ストの麺は、少し固めの茹で加減。
とはいえ、バキバキではなくポシャッとした印象。
細麺にしてはちょっとした弾力も兼ね備えており、ちょっと面白い麺でもあります。


t14.jpg
チャーシューは脂身の少ない部位で薄いのが3枚。
柔らかく美味なので、3枚にせず1枚の厚い肉の方が印象が良かったかも・・・


t15.jpg
メンマは柔らかめの煮付けで良い箸休め。

あと、フライドオニオンのアクセントが絶妙ですね。




なかなか香ばしい一杯を堪能できました。






ご馳走様。
スポンサーサイト

category: 東京のラーメン

cm 0   tb 0   page top

渡なべin新宿区 

あー


風呂入りたい・・・




マットでイチャイチャしたいw







江戸の町娘と×××したいwww







そんな妄想を抱きながら、早稲田通りを爆走
『あ~、ここを左に曲がったら歌舞伎町なんだなぁ・・・』
と、ヘンな誘惑を断ち切りつつ向かったのがコチラでした。



t2.jpg
渡なべさんです。




金、足りんかなぁ・・・(爆)


言わずと知れた渡辺樹庵氏のプロデュース店。
お昼を過ぎてますが、並びはありません。
が、店内は満席でした。8席だけどね・・・

オープンしたての頃は、その濃厚さで衝撃を受けたものですが
さて現在はどうなのでしょうか?


メニューはラーメンにつけ麺、トッピングが数種類
サイドにちゃーしゅー飯とライス


店外は小料理屋風で中はカウンターのみのバーのような作り

ちゃーしゅーめん1130円の食券を買い
しばらくして席が空いたので、そこへ座りしばし待つ。。。



t3.jpg
7,8分だったかな?計るの忘れてました。
見るからに濃厚そうな一杯です。


t4.jpg
鍋用レンゲで掬うスープは若干のトロミで、カツオの香ばしい匂いが立ち上ります。
それを口へ運ぶと・・・やはり節が前面に来ますね。
それを後から追うかのように豚骨主体の動物系の旨味が追従してきます。
無化調なのかな?だとしたらスゲェ



t5.jpg
麺は中程度のストレート
見た目は豚骨系の細麺ぽいですが、実際はモチプリな
中加水麺でした。
風味も上々でスープの持ち上げも文句なし。


t7.jpg
肉質の良いバラスト
ホロテイストで濃いめですが、脂身具合も程よく柔らかく
上質な肉感を思わせますね。



t6.jpg
代名詞となった極太メンマ
ボケてますけど、大きさは100円ライターほどで
噛み切るのに一苦労。
縦繊維質なメンマなので、横ではなく縦に裂く感じで頂きました。
歯に繊維質が詰まりまくりますw








魚介豚骨のパイオニアと言われて久しいですが
やはり現在でもその存在感は大きいですねー
忘れかけてたあの頃の味を再確認できましたよ。

麺量の少なさを考慮すればCPの悪さはあるものの、
それを差し引いても満足感は大きい。





ゴチそー様です。

category: 東京のラーメン

cm 0   tb 0   page top

ひなたやin江東区 

東京2日目。

朝からお天気だったので、適当にブラブラして荒サイを走ることにしました。


IMG_2434.jpg
堀切辺り

日曜はサイクリストが多いです。
リア充も多いです。
カップルも多いです。(僕には目障りです)
野球少年も多いです。

とにかく人で溢れかえってます。


IMG_2437.jpg

群馬のサイクリングロードと違って道幅が広く、女装(以前マジでいたw)除草など整備されていて
とても走りやすいですけど人の往来も激しい。

IMG_2438.jpg
荒川ロックゲート
ボクの最後の休憩ポイント。
ここまでくれば、ゴールは近い。

IMG_2440.jpg
九十九折れに清砂大橋を対岸に渡り、右折すれば上の写真の
葛西臨海公園までの土手沿いの道に出ます。
個人的にココは好きです。
海向かって走ってる感じがして

IMG_2441.jpg
葛西臨海公園では、特別撮るところも無かったので
マックでお茶してすぐ引き返すことにしました。

IMG_2442.jpg
スカイツリー


IMG_2445.jpg
そして、お昼はココへ寄りました。
ひなた屋さんです。
お昼よりやや早い時間帯。
先客一名、後客ゼロでした。

IMG_2446.jpg
IMG_2448.jpg
感じの良い店主さんに出迎えられ、カウンターへ座ります。
そして、メニュー拝見。
お安いですね~
では、海老塩ワンタンめんにしましょうか。

お支払いは後払い制。
それにしても、アソコが痒いです。
レーパン穿くと蒸れるんですよね
でも流石にラーメン屋でアソコに手を突っ込んでボリボリ掻く勇気はありませんw

応急処置でセガレにデコピン数発かませば、痛みで紛れます。
これよく俺が使う手で、人目が気になる時とかに効果的なんですよねー
お試しあれ!


とか言ってるうちに到着です。
IMG_2451.jpg
ワンタン5個にメンマ、海苔、青ネギ、チャーシュー、梅紫蘇昆布と白ごまといった具材構成。


IMG_2452.jpg
スープ
!!
驚いたね~ 美味いじゃないですかぁ
節(鯖、鰹かな)や乾物の魚介系とガラ出汁の動物系のバランスの良さといったら・・・
そこへ角の丸い天然塩を加えたスープは、上品を通り越して慈悲深さすら感じます。
梅紫蘇昆布の香ばしさも手伝って清涼感抜群なうえに
香味油の効果も相乗してか、レンゲが止まりません。

IMG_2455.jpg
中細縮れの麺は、個人的に残念・・・
少々加水高めですが、歯切れの悪さからか安っぽく感じちゃうんですよね。
持ち上げはいいんですが、もっと相性のいい麺があると思うんです。

IMG_2453.jpg
太めのメンマは濃い味付け
個人的意見ですが、繊細な塩には薄味の方がスープの邪魔にならなくて良かったかなぁ

IMG_2454.jpg
一言でいうと、旨いです。
肉の旨味が詰まった柔らかい肉で、少々ショッパ目ですが
単品評価ならポイント高いですね。




ワンタンは写真は無いですが、プリプリの海老入りで
餡は決して大きくはありませんが、5個も入っていて
お値段的にも830円とリーズナブル。



総じて
お店の見た目で損をしてる感がありますが、地域密着型ラーメン店の
様相でして、店主さんの控えめな接客といい
生真面目な仕事ぶりといい、近くなら間違いなく通うであろう
とてもレベルの高いラーメン屋さんでした。
場所と外装がね・・・ちと残念





ご馳走様でした。

category: 東京のラーメン

cm 0   tb 0   page top

つけ麺屋 ごんろくin墨田区 

東京の初日の夜。
略して初夜w

真っ昼間っからビール三昧でしたのに、またもや夜もビール飲みに・・・
スカイツリーのソラマチのどっかにあった
世界のビール博物館へ

top.jpg
ちなみに、こーぉんなセクシーなオッパイ外国人女性店員さん
いましたよw

肝心のビールは円安基調の余波なのか
スカイツリー価格なのかは分かりませんが、想像以上にお高め

__ 1
右がドイツビールのヴァイスビア(300ml、980円)、
左の小さいのがイギリスのエンデバー(250ml?だったと思う、750円??かな?)

高い!
いや、それよりもつまみがボッタクリw


TK3.jpg
フランクフルト2種盛りが1500円と超強気価格!
サイズ的にも・・・
(股間を見てたら、友達から「やめろ!!ぶっ飛ばすぞ!!!!」と言われたので自重w)
大して大きくないし・・・
味付けが大雑把なのね
ひたすらしょっぱいの
多分岩塩かなんかを大量にぶっかけた感じ
お陰でビールがすすんだワイ

__ 2
次々にビール空けて
いざお会計!
そしたら、なんと一人1万越え!!!!!

うーん、これなら下町のちょっとシャレオツな居酒屋で吞んだほうが全然安く上がったなぁ
などとぼやきながら

〆のラーメンに向かう俺w



そして向かったのがコチラ

IMG_2424.jpg
つけ麺屋 ごんろくさんです。

PM10:00過ぎだったと記憶してますが、入りは4割程度。

IMG_2426.jpg
お腹いっぱいだったので、並盛りのつけ麺のボタンを押します。
ここは、大盛りまで同一料金なので、並盛りだと割高感がありますねー

ちなみに並盛りは220g、大盛りは440gだそうです。


後で知ったのですが、「つけ麺屋 やすべえ」と同系列のお店だったんですねぇ
ちなみにやすべえは、行ったことありますが失念しました。

IMG_2427.jpg
卓上アイテム
刻み玉ねぎとけずり節と書かれた魚粉。
カスタマイズの幅が広がって嬉しいサービスですね。
玉ねぎ好きな私としてはポイント高いです。

IMG_2428.jpg
食券を渡して8分ほどで到着。

IMG_2430.jpg
一味を伴ったバランスの良い豚骨魚介。
ややインパクトに欠けますが、魚粉投入で重みのあるスープに早変わりw
更に玉ねぎ爆撃で甘味と清涼感アップ
面白いように味が変化していきます。

IMG_2429.jpg
四角い太麺はツルシコで喉越しの良いうどんライクな麺。
風味はそれほどではありませんが、食感がいいので十分楽しめます。


IMG_2431.jpg
IMG_2432.jpg
すんません
この辺酔っ払ってたので、記憶が飛び飛びなんですが
美味しかったと思います。


IMG_2433.jpg
スープ割りは別の器で提供。
後味ほんのりカツオでフィニッシュですw




後からこんなこと書くの不本意なんですが・・・・









あんま記憶にないんですよ

一口目のスープと麺を食べたのははっきり覚えてるんです。
その後の記憶が途切れ途切れで、スープ割りしてお店出たのは覚えてます。







TK4.jpg
あと、清澄白河の居酒屋でこれ飲んだのも辛うじて覚えてます。



今日一日で何杯飲んだんだ??俺…

そして、翌日・・・





う~~~~~気持ちわりぃ~~~~



そうです、二日酔いです。




もうぜってぇ酒呑まねぇぞ!!!
































って、今まで何回心に誓ったっけな(爆)






ごちそうさんですorz

category: 東京のラーメン

cm 0   tb 0   page top

麺屋 武一in港区 

東京ってエロい魅力的な女性がイパーイいるんですねw

何食ったらあんなに発育するんですかね?

そーいえば、お台場行った時も、なんかの撮影で
モデルさんが着物着てカメラ撮られてたけどさ
顔、すんげぇちぃせぇの!
俺の1/3くらいじゃね

トーゼン脳内であらぬ姿にしちゃったけどさww

視姦は・・・・・・・・犯罪ですかね?

もし、犯罪だとすると俺は前科何犯になるんだろ?
余罪追及されたら一生クサい飯喰らうことになりそうです。





さて、東京ラーメン2軒目。

その前に、せっかくの築地なので
もう一杯w

unidon.jpg
ハレの日食堂のうに丼とビール
当日の天気は雨でしたけどねw

接客態度は「いらっしゃいませ」は無し。
ガラガラなのに呼んでも中々注文取りに来てくれない。
ビール頼んだのに、全然出てこない。
出てきたと思ったら、このグラスサイズ(多分300mlない感じ)
しかも600円近い値段。
うに丼もこの量で2800円
虎杖系列なのに・・・とても残念でした。。。




気を取り直して
チャリで2軒目に向かったのはコチラでした。

IMG_2414.jpg
濃厚鶏そば 麺屋武一さんです。

雨の日の訪問の所為か、シャッターで並びは1人。
後続で数名程度・・・退店まで行列には至りませんでした。

IMG_2415.jpg
IMG_2417.jpg
IMG_2416.jpg
メニュー

さっきラーメン食べたので、つけそばかな・・・
鶏白湯スープのつけそばをオーダー


IMG_2418.jpg
14分後
到着です。
麺には、カットレモンと水菜が添えられてます。

IMG_2422.jpg
まずはスープですが
コラーゲンたっぷりのポタ一歩手前くらいの粘度に鶏の旨味が凝縮した
濃厚スープ。
鶏以外の旨味を感じません。鶏オンリーでしょうか?
塩ダレの尖りが強いけど、やや甘めの素スープなので気になるほどではないかな。

そこに
IMG_2419.jpg
平打ち風縮れ麺を絡ませます。
ツルツルの柔肌麺で喉越しが良いですね。
風味もそこそこにスープによく絡みます。
そこへ付け合せのレモンを絞って再度啜ると、サッパリとした清涼感溢れる
麺に変わってこれもまた面白い。

IMG_2420.jpg
IMG_2421.jpg
具材は全体的に薄味。
鶏ムネ肉はロースト風に仕上げてあり、スープを壊さぬよう薄味。

鶏つくね団子は生姜を利かせていて、柔らかく美味。


IMG_2423.jpg
食感が特徴的な穂先メンマ
こちらも薄味で、シンナリ仕上げ。

他白髪ネギなどもシャキシャキで美味しい。




久しく鶏白湯つけ麺は食してなかったので、どことなく新鮮でした。

また新橋界隈に来たら寄りたいお店ですねー




ご馳走様。

category: 東京のラーメン

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。