03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

チャリンコラーメン道

チャリで行った飲食店(主にラーメン屋)を亀ながら書き綴っていくブログ。その他、たわいもない出来事とか気まぐれに更新予定

博多 山笠本店in秦野市 

お盆休み、実家へ帰省。


今年の帰省は、諸般の事情により車で帰りました。
そして実家に格納してある我が愛車クロスバイク2号機に跨り
向かったラーメン屋が博多豚骨のお店。

当然帰りはギュルギュルギュル~~~~~
腹痛ですよOTL


物凄いゲリでしてね
バーハンドルなのにお腹痛過ぎて超前屈みで漕いでましたよん
なんとも情けないヘッピリ腰でw

あれ多分、知らない人が見たら



「チソコ起ってんじゃね?」


って思われたかもしれません。。。。。。


ま、いいけどね
どーせ二度と会うこともないだろーし・・・



で、そん時行ったラーメン屋がコチラ
IMG_2528.jpg
長浜系豚骨ラーメン 博多 山笠本店さんです。

移転してから随分と経つようですが、自分は移転後初めての
訪店です。
国道246号沿いになったんですね。
昔の山小屋風の店舗とはまるで違い、チェーン店のような広めの店舗。


IMG_2529.jpg
IMG_2530.jpg
メニューも随分と増えてました・・・
チャーシュー麺

IMG_2531.jpg
ですが、山笠のこの替え玉のシステムは
昔のまんまなんですね。


IMG_2532.jpg
写真つきメニュー

IMG_2533.jpg
卓上


自分の足の臭さに悶絶しながら待つこと5分少々・・・
IMG_2534.jpg
粉落としオーダーのチャーシュー麺が到着。


IMG_2535.jpg
スープは、微クサだけど出汁の豚感はさほどでもなく
サラリとしたシャバに近いスープ
油玉は多めに浮いているけど、コッテリとは程遠く
やや塩分高め。
屋台風のころと比べると、濃厚さが減った気がします。



IMG_2536.jpg
麺は博多風極細ストレート麺。
粉っぽさも残り、ボソパツな正に九州豚骨に良く合う麺。
個人的に粉落しがちょうどいいかな・・・


IMG_2538.jpg
IMG_2537.jpg
2種のチャーシューはバラストとモモ
バラのほうは、やや抜け気味
モモは少ししょっぱめだけど、肉厚でジューシー

IMG_2539.jpg
試しに替え玉してみました。
推定100グラムでしょうか、100円と替え玉はまあまあなんですが
ラーメンのほうはちょっとCP高め。



あ、ちなみに替え玉持って来た店員さん
食券とか現金の確認しなかったなぁ・・・

このまま出て行ったら、食い逃げになるんかなw

とりあえず、トラブルになるのは御免なので
丼の脇に置いて帰りました。



総じて、移転前の方が個人的に評価が良かっただけに
少し残念感がありますが、それでも満足は出来るレベル。
それと、店員(バイト?)も接客に差があって
どーなのかなぁと疑問が残ります。
勿論明るい店員さんもいるので、一部の無愛想な店員(バイト?)によって
イメージが落ちるのは勿体無いかも・・・


ごちそーさまです。
スポンサーサイト

category: 神奈川のラーメン

cm 4   tb 0   page top

庄家 秦野店in秦野市 

タイヤを新品に履き替えて、さあ出発!


と思ったら、5分もしないうちに犬の糞踏んづけて泣く泣く帰って
タイヤだけ洗車した三等兵です。

テメーんちの犬ッコロのクソ始末くらいちゃんとやれや!!ヽ(#`Д´)ノ┌┛
しかも堂々と道の真ん中とか・・・禿げ散らかれ!飼い主!! ハアハア



さて、実家に帰ってる時に深夜にコッソリラーメン。
渋沢まで足を延ばして、「阿闍梨」へ行ったのですがタッチの差で閉店。。。
「なんつっ亭 本店」も終わりだし・・・
そのまま246号を東へ向かい、スマホで調べたのがコチラ

店舗写真撮ったつもりだったけど、撮れてませんでした。
なので写真無しです。

「庄家 秦野店」

深夜の訪店にも拘わらず、続々とお客さんが入ってきますね。
人気店のようです。

さてカウンターに座り、メニュ拝見。(ここでも写真撮れてませんでした)
並にキャベツトッピングすることに

店員さんにキャベツは生かボイルか尋ねてみると
どちらでも可能との事。
生にしていただきました。

更に張り紙には「特製マー油あります」の文字が・・・
家系に鶏油ではなく、マー油とは珍しい。
珍しいけど、冒険はしたくなかったので見なかったことにw

6分後
__ 7
キャベツてんこ盛りの固め・濃いめの並ラーメン到着です。


__ 8
スープは豚骨醤油ど真ん中のサラショッパ系
直系よりやや弱め、どちらかというと壱系に近いスープ。
乳化度もそこそこ
ただ、課長さんが支配的ではありますが・・・
カエシはややショッパ目、ここら辺は好みに偏ると思いますが
自分的にはOK牧場(←酔ってる)



__ 10
ボケてますが、麺は中太縮れ
固めオーダーですが、かなり固めの提供ですね。
これならばデフォでも充分な硬さでしょう。
加水は低めなのか、若干のゴワツキ感と粉っぽさを残した印象。

__ 9
塩味の強い豚肩チャーシュー
サクッとジューシーなお肉で、味付けも文句なし。




生キャベの影響か?スープの温度低下が著しく
後半はだいぶ温くなってしまいましたが、それでも最後まで
美味しく頂く事が出来ました。




実家からそこそこ近く、深夜まで営業してるので
再訪はするかと思います。






ご馳走様~





category: 神奈川のラーメン

cm 0   tb 0   page top

くまもとらーめんブッダガヤin小田原市 

ロードバイクで実家まで帰ろうかと考えてたんですが
前回の苦い記憶が蘇り、車に積んで帰るというヘタレっぷりを
露呈した三等兵です。

ええ、ヒヨリました。
自分に負けたんです。


はい、ブログ名も「チャリンコラーメン道」から「チ〇コラーメン道」いや
「チン〇スラーメン道」に・・・




冗談はさておき

丹沢湖まで走って来て帰りに寄りました。
久々3年ぶりでしょうか
__ 3
くまもとらーめんブッダガヤさんです。

店舗前に駐輪したんですが、昔の様な強烈なブタ臭は漂ってきませんw
苦情でも出たんか?ワラ

以前は、店前に信号機付き横断歩道があるんですが
渡る前から臭くてマニアが手を叩いて喜ぶという
伝説のお店だったんですけどね。

さて、お昼時で先客は4名。
カウンターに座る。
椅子が丸太の手作り感あふれてるアンバランスな座り心地
懐かしいw
油塗れな厨房
懐かしいw
薄汚れたメニュー
懐かしいw
そして、スキンヘッドで白髭の店主さん
おかわりなく懐かしいw

昔通い詰めたあの頃より何も変わってなくて
なんだか嬉しかった。


さて、感傷に浸った後はラーメン
IMG_2320.jpg
店名を冠したメニュー、ブッダガヤらーめんが発注より10分で配膳されました。

桂花出身というコチラのブッダガヤらーめんは、桂花でいうところの「太肉麺」
角煮が乗ってます。

IMG_2321.jpg
スープは見た目ブラッキーですが、レンゲで掬ってみると茶褐色。
所々にマー油が存在。
乳化度は中程度でサラクド~
塩分高めで喉に引っかかり感を覚えますが、これがボク的には好きなんですよね。
臭い事は臭いけど、最盛期に比べると大人しい印象www
ブタMAX時代が懐かしい。
それでも満足できるくらい美味しいんですけどね~

IMG_2322.jpg
麺は中太ストレート
固茹で加減でボキッとした食感は中々なもの。
熊本直送かな?
この辺では無い感じの麺でしたね。

IMG_2323.jpg
豚バラの角煮
濃いめの味付けで柔らかくとろける様な食感。
元々スープが強いので邪魔になりません。
プルルンな脂身も程よく、絶品ですね。




トータル評価
お店は汚いけど、拘りを感じる。
スープは温めが気になる。
職人気質な無骨店主さん(話せば気さく)
時代遅れな感は拭えないけど、まだまだコアなファンを魅了し続けてる。


いつまでも続けて欲しい
小田原ラーメンのトップ的存在のお店でした。



ご馳走様でした。





おまけ

__ 1
IMG_2316.jpg
IMG_2318.jpg
足柄から丹沢湖

category: 神奈川のラーメン

cm 0   tb 0   page top

十代目哲麺 藤沢店in藤沢市 

先程の家系を出まして、すぐご近所のこちら


IMG_2243.jpg
十代目哲麺さんで連食です。

十代目って事は代々受け継がれてるんですかね?
調べてみたら、初代は昭島店で五十六代まであるんですね(14年6月2日現在)

さて、夜11時になろうかという時間帯。
客の入りは3割程度。
IMG_2244.jpg
食券制。
とりあえず、初訪なので左上の豚骨醤油ラーメンで
500円とはまた前店の家系と価格差がだいぶありますね。


IMG_2245.jpg
卓上

IMG_2246.jpg
10分チョイかな?
白が強いミルキーっぽいスープに薄茶のマー油が半々くらいの割合
初めは牛乳ラーメン?と思わせるようなビジュアルに戸惑いを感じました。
そこにキクラゲ、刻みネギ、海苔などが乗った仕様。

IMG_2248.jpg
まずはスープですが、豚の存在感は薄いもののクリーミーでマイルド。
マー油のビター感は残るけど、しつこさはなく軽くて飲み易いスープですね。
ここまでは九州豚骨と思いきや、後に残る鰹節風味が九州豚骨と一線を画しているようです。
コスパを考えると、悪くない・・・というかむしろ良い方だと思うんですが
残念な点が2つ

スープが若干温い。
乳製品のようなミルキーな味が支配的。





IMG_2247.jpg
麺は細ストレート麺。
乾麺に似た粉っぽさのない麺ですが、ハリガネ→粉落としで
そこそこのザクザク感は出てくるので、個人的には許容範囲でしょうか・・・
麺量は少なめですが、50円ならば上出来。
腹を満たせ、尚且つお財布に優しいと捉えれば良いかもしれません。


IMG_2249.jpg
チャーシュー
小振りで厚味が無く、完全に味が抜けちゃってパサつきだけが残ってしまった・・・
無い方がよかったかも・・・

他の具材は悪くなかっただけにチャーシューの悪さが目立つ結果になってしまった。





接客は悪くないが愛想も無い。
こんなタイプのラーメンもたまには勉強になります。



ごちそーさんです。

category: 神奈川のラーメン

cm 0   tb 0   page top

松壱家藤沢本店in藤沢市 

自転車にお金かけ過ぎて、金欠でアッチ系お店で遊んでません。



ぶっちゃけ欲求不満です。
もうね、フラストレーション爆発寸前w

青看板のバイパスがパイ〇リにみえるとか、重症ですね。





ボクのサドルに乗ってくれる女性募集中。。。(嘘)




軽くエロが入ったので真面目に・・・



IMG_2232.jpg
松壱家 藤沢本店

4度目だったかな?以前は藤沢南口店で食べた記憶があります。
夜10時過ぎ、先客は5組12名。
酔い客もいる所為か、ちょっと賑やか

IMG_2233.jpg
やや!!
なんと、デフォが780円・・・昔は全然安い家系としての覚えがあったんですが
食材や光熱費の高騰及び増税の影響でしょうかね?
気を取り直して、スタンダードでお気に入りの醤油豚骨(固め・多め)で

IMG_2234.jpg
IMG_2235.jpg
卓上アイテム
ニンニクはすりおろし、高菜は結構な辛さ

IMG_2236.jpg
5分少々で到着。
うずらは壱系のシンボル。
壱六家を思い起こさせますね。
そして、家系ではあんまりないメンマが標準装備。

IMG_2237.jpg
スープは乳化度高め、脂は多めの注文でしたが少なく思われます。(間違えたかな?)
そこそこのコクがありますが、パンチに欠ける
自分の記憶が曖昧なのでしょうか・・・もっとスープに力があった気がしたんですが
ちょっと平坦な第一印象で拍子抜け
ただ、不味いとかってわけではなく、昔が良過ぎたのでしょうね。

IMG_2238.jpg
麺は中太ストレート、モッチリとした食感と弾力のあるコシ
風味も伴って美味しい麺であることにニッコリ
それもそのはず、ここの麺は壱六家と同じ長多屋製麺だからね。

IMG_2239.jpg
チャーシューはちょっとパサ感アリ・・・
やや硬めで、残念

IMG_2242.jpg
似たような食感だけど、箸休めにはありがたい。
ほうれん草も丁度いいアクセント
うずら、うんめぇ




総評
いやはや、昔と比べたらやっぱり堕ちた印象は拭えない。
その理由として、価格。
昨今の情勢を踏まえても、家系の中ではダントツにCPが悪い。
加えて、濃厚さが無くなりフラットな豚骨に変わっていた。

旨いとは思うけど、個人的に残念




ご馳走様。

category: 神奈川のラーメン

cm 2   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ