10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

チャリンコラーメン道

チャリで行った飲食店(主にラーメン屋)を亀ながら書き綴っていくブログ。その他、たわいもない出来事とか気まぐれに更新予定

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

つけ麺 弥七in館林市 

麺冶を後にして、向かったのは館林市。

ブログで「本日の気まぐれメニュー 秋刀魚煮干の中華そば」
とあったので急行いたしました。

IMG_1475.jpg

つけ麺 弥七さんです。

平日の1時過ぎなのに、並びがあります。
流石ですね。
10分程度で座る事が出来ました。

IMG_1476.jpg

メニュー
秋刀魚煮干書いてありますね。
早速オーダーです。
塩にしました。


6分後・・・

IMG_1477.jpg

ジャジャーン!

う、うまげ
先走り汁出まくりで御座いますw


IMG_1483.jpg

先ずはスープ
黄金色の清湯でレンゲから仄かに煮干しの香り漂う高貴な一杯
それを口に運ぶと、ふっと煮干特有の風味がしてすぐに消えてしまう。
そして、動物系の出汁感が残るという面白いスープ。
煮干臭さがないので、非常に食べ易い。
そのくせ飽きさせないという、秀作ともいえる出来栄えです。

もう、カウパーアドレナリン出っぱなしですよw


IMG_1480.jpg

麺は細ストで、パッツリと歯切れのいい低加水麺。
スープとの相性も抜群です。

IMG_1481.jpg

バラロールが2枚のチャーシュー
ホロ加減が丁度よく、とっても柔らかく旨味充分なお肉でした。

IMG_1482.jpg

清湯に良く合う穂先メンマ
お隣の方が「このメンマ、うめぇ タツノオトシゴみてぇだ」
だってw

確かにw





いやー
ヒジョーに美味しい一杯を堪能させてもらいましたよ。



遠いけど、また来たいですね。

ゴチそーさんです。
スポンサーサイト

category: 館林市のラーメン

cm 2   tb 0   page top

米屋in館林市 

100kmサイクリングの昼ラーメンはこちら。


IMG_1129.jpg

米屋さんです。


店舗写真撮ってから中へ入ろうとすると、若い女性二人組とすれ違う。

へー、こんな小汚い(失礼)店でも女同士で来るんだなぁと妙に感心。

いや、それ以上に「あれ?あの子たちどっかで見たことあるな??」



多分どっかのラーメン屋だと思うんだけど、思い出せない。



「あのぅ、どっか出会ってますよね?いや~また会いましたね。運命かな?」

レーパンにスポサンとメット被った汗ダクの加齢臭を充満させたオッサンが

急に話しかけて手とか握ったら逮捕されんのかな?



ま、いいや。


次会ったら、3度目で運命と思い

プロポーズしようwww




さて、店内は相変わらず凄いです。


IMG_1130.jpg

お品書き

みそラーメンの右隣に塩ラーメンと醤油ラーメンが隠れております。

共に700円です。


店内のテレビではNHKのど自慢がやっておりまして、それをボーっと聞きながら

ラーメン到着を待ちます。

携帯を取り出し、走行ログを確認してるとテレビでは30くらいの男性が

「リンダリンダ」を踊り狂いながら熱唱してました。

(ふっ 俺の方が上手いぜ)と、心の中でdisってたらラーメン到着。




IMG_1131.jpg

麺固め仕様。

オヤジが気を利かせて割り箸取り出して、ラーメンの中へ突っ込んでくれましたwww

サービスのつもりなのでしょうか?



IMG_1132.jpg

気を取り直して・・・スープ

やや酸味が残る塩味。

鶏の旨味が凝縮されて、コクがあり深みのあるスープ。

久々だったんですけどね~、いやーウマいっす。


IMG_1133.jpg

細ストの玉子麺。

伊達地鶏の卵を練り込んでるらしいですね。

パッツリとした食感の中にモチ感があって相変らず不思議な麺でした。


具材はやはり特筆なのはチャーシューでしょう。

いや、チャシュウだなw

厚みが1センチはあろうかという、キングサイズ!

デカいだけじゃなく、とにかく旨いし柔らかい。

他は至って普通でしたが、たまに食べたくなる一杯。


でも遠い・・・





ご馳走様でした。



店を出るころに、「リンダリンダ」熱唱してた青年がグランドチャンピオンに・・・







え~~~~~~!!Σヾ(゚Д゚)ノ















自分が天狗でした。。。。ゴメンナサイorz








更に続く。

category: 館林市のラーメン

cm 0   tb 0   page top

博多屋台in館林市 

エロDVD鑑賞し終わって、はち切れそうなオッチャンがやや興奮気味に



    「濃厚な豚骨が喰いてぇ!!!」


と、欲望むき出しのまま、向かったのがこちら。


IMG_1034.jpg

館林まで車を飛ばしてやってきました。

剣崎と迷ったんですけどねー、距離的にほぼ同じだし・・・




到着するも駐車場は満車・・・どころか溢れ返ってるw

運よく出る車があったのですかさず滑り込む。

店前は既に行列が出来ていた。


分かっちゃいたけど、スゲェ人気店だ!

だが、焦らされるのは嫌いじゃないw




20分後

麦茶片手にカウンターの角に陣取って、「博多ラーメン」を粉落としでオーダー。

4分弱での提供。

IMG_1037.jpg

ああああ・・・なんとまあ食欲のそそるビジュアルなんでしょ

この泡立ちみてると、もう私のカウパーアドレナリンは全開で御座います。



スープを一口啜ると、、、濃厚な豚骨ポタージュ

クリーミーで非常にマイルドなコッテリ感。

豚臭くないわりに、豚特有の旨味が凝縮されたスープは口当たりよく

クセのない仕上がり。

スープだけでオーガズムに達してしまいますなw


そして

IMG_1038.jpg

麺は博多麺をチョイス。

低加水のボソボソ感にザクザクとした嚙み具合、これぞ博多麺って感じです。

スープとの絡みも申し分なく、ズルズルと啜り込めば口の中いっぱいに豚骨が広がる。

まさに至極のひと時!


クライマーックス!!



替玉も粉落とし×4、ハリガネ×1の計5つ

ここの博多麺は粉落としぐらいの茹で加減が自分にはちょうどいいかな?




最後、ティッシュで綺麗に拭き取り余韻に浸る私w






すげぇ  良かったよ。。。最高だ。






さ、帰るか

category: 館林市のラーメン

cm 2   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。