05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

チャリンコラーメン道

チャリで行った飲食店(主にラーメン屋)を亀ながら書き綴っていくブログ。その他、たわいもない出来事とか気まぐれに更新予定

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

豚骨ラーメン新井商店in伊勢崎市 

最近、会社から帰って来て会社行くまで
全裸でいることが多い三等兵です。



あああああ、綺麗なおねーたまに見て欲しいw

見せつけたら悲鳴あげて逃げるかな
捕まっちまうな、俺

それとも失笑(www)されっかも・・・








さて、今回は移転後初の訪問となりますコチラ
IMG_2310.jpg
新井商店さんです。

移転してもその人気っぷりは衰えておらず、開店10分前で
並びが4、開店後も続々の入店であっという間に店内は待ち客で埋まります。



IMG_2311.jpg
だいぶ前に来た時(移転前)の塩らーめんはメニュー落ちしたようで
豚骨スープオンリーの構成のようですね。

豚骨ラーメン(ハリガネ)をオーダー
IMG_2312.jpg
僅か3分切るタイミングで提供されてきました。
以前の写真と比べると、醤油色が少し濃くなってますね。


IMG_2314.jpg
スープを一口・・・
をを、高濃度&高乳化
僅かな豚頭臭を纏ったスープは、髄は感じないものの
カエシは非常に塩分が強く、替玉前提の仕様かとお見受けしました。
移転前はブレ幅が大きい認識がありましたが、最近はどうなのでしょう?
また近いうちに再確認したいですねー

IMG_2313.jpg
麺は低加水細ストレート
歯切れの良いボソバツな嚙み応えで、ハリガネ指定の場合
芯を残した絶妙な茹で加減。
それに加えて、100円というリーズナブルな価格
但し麺量はさほど多くは無いので、男性は替玉必須となるでしょうね。
当然替玉は「粉落とし」
更に粉っぽさが増してザクザクとした食感に変わる。
次回は「湯気通し」を試してみたくなる美味さ。
因みに平ザルで丼直投入です。

IMG_2315.jpg
肩ローのチャーシューは
舌にパサツキ感は残るものの、臭みなどは無く
やや固めで大判。

キクラゲなどの具材も豚骨に合わないはずもなく、量も多めで嬉しい。

味玉半身も特筆は無いけど、タマゴ好きには嬉しい標準装備。
個人的にはいらないから、その分価格を抑えてくれたら尚高評価だった。



総じて
接客も元気よく、博多豚骨食べたい時に近場にあるので便利なんですが
欲を言えば、もう少し遅い時間帯まで営業してくれるとありがたいかな・・・




ご馳走様。
スポンサーサイト

category: 伊勢崎市のラーメン

cm 0   tb 0   page top

手打ちらーめん やまだin伊勢崎市 

夢を見ました。






オヤジ「俺には、フィリピンとロシアとルーマニアと山梨県に隠し子がいるんだ」






!!!!!なんですと!?
お、俺にはハーフと隣りの県に兄弟がいたのか・・・


ショックで自宅のベランダから飛び降りる直前で目が覚めました。


うーん、酔うと見境なかったオヤジw
あながち正夢かもしんないwww




さて、話しは変わって
こちらに行ってきました。
IMG_2327.jpg
手打ちらーめん やまださんです。

午後1時少し回ったところでしょうか
店内には座敷に家族連れ1組とテーブルに2人組。

IMG_2329.jpg
メニュー

安いな。
安かったので、チャーシューメンをオーダー

IMG_2331.jpg
12分後、配膳。


IMG_2333.jpg
まずはスープ
ガラメインの透明スープはやや物足りなさを覚えるものの、野菜や魚介の旨味が
上手にアシストされていて非常にバランスの良い出来栄え。
醤油も塩の様な薄味です。


IMG_2332.jpg
麺が平打ち状の手打ち
太さは大体均一でストレートに近い麺。
小麦の風味が強く、ツルツルでシコシコなうどんライク。
うどんライク研究会としては嬉しい限り。

ふと思ったのが、これに酸味をプラスしてターメリック加えて
カレーラーメンにしたらメチャ美味いんだろーなぁ・・・と勝手に想像。

もし、カレーラーメンなるメニュー出たら通うね きっと


IMG_2334.jpg
IMG_2335.jpg
IMG_2336.jpg
チャーシューは薄味に仕上げており
柔らかくジューシー。
メンマも薄味。
のの字のナルトォ




店主さんお若いですね。
やまや分店出身との事で、麺には自信がおありのようですね。
場所柄も良く、キャパもあるので
家族連れに喜ばれそうです。





ごちそうさまでした。

category: 伊勢崎市のラーメン

cm 0   tb 0   page top

熊本ラーメン みち丸in加須市 

スタンディングオベーション



って、なんだかエロくね?



アナリスト


って、卑猥じゃね?



相武紗季


って、スケベな響きじゃね?




言葉の一つ一つがエロい方向に行ってしまう
本能剥き出しの三等兵です。


先日、谷中湖までサイクリングに行ってきました。
レーパン女子、いっぱい居ました。
でも、ちっともエロさがなくて残念w



オマイら全員次回からミニスカ履いて来い!!

「ハイ!教官!!」





さて話を戻して・・・

この辺りのラーメン屋だと北川辺のラーショだけど、
日曜定休日。
みち丸は日曜日やってるので、そこに決定。
3度目の訪問。
前回の訪店時(数か月前)、その前は5年近く訪問してなかったのですが
女将さん、私の事覚えていたんですよね!
「前に来たことあるでしょ?確か群馬の人ですよね?」
って尋ねられ、驚きました。
5年前たった一度しか行ったことが無いお店なのに
覚えてたなんて感激の極みですね。
余程私の事が好きだったのか?
ヤバい顔面だったのか?
後者の方だろうけど、凄い記憶力です。


谷中湖から10分
IMG_2339.jpg
こちら、熊本ラーメン みち丸さんです。

12時ちょっと前の訪問
さて、店内はカウンターに3人のみ。
IMG_2340.jpg
メニューはラーメンとチャーシューメンの並・大盛り・特盛
サイドのおにぎりとライス
それとビールのみという、実にシンプルな構成。

IMG_2341.jpg
テレビでは日本対コートジボワール戦が放送されていて
丁度ラーメン待ってる間はロスタイム。
そして、到着して一口か二口目でホイッスル・・・
惨敗を喫した瞬間、口の中に広がる豚感と全身に走る脱力感。。。
結果は結果と割り切って、今はラーメンに集中しよう。

IMG_2342.jpg
スープは濃厚豚骨
クセ・クサが無くとてもマイルド♪
点々とした黒いものはマー油、それも微量なので
全くと言っていいほどクドさビター感はなく、ほんのりとした
ニンニク風味が漂う程度。

IMG_2343.jpg
麺は熊本直送と謳う細ストレートの丸麺。
低加水で固めをお願いしたこともあり、ボキボキとした歯応えと
生麺独特のツル感を兼ね備えた秀逸な麺ですね。
もっと固めにすれば、更にザクザクした食感が味わえていいかもw

IMG_2344.jpg
キクラゲと浅葱はかなり多め
豚骨にはキクラゲが合いますね~
アサツキという選択もGOOD!

IMG_2345.jpg
最後にハードボイルな半玉
このスープに合わせてか、塩味がやや強く個性的。





帰り際、女将さんに今日は自転車で来たことを告げると
驚いてました。
どれくらいあるの?と聞かれ
片道60キロちょっとかなぁと答えると
帰りも気を付けて帰ってね~とありがたいお言葉。




はい、女のケツ見とれて事故らないように気を付けて帰りますw


ご馳走様でした~

category: 埼玉のラーメン

cm 2   tb 0   page top

庄家 秦野店in秦野市 

タイヤを新品に履き替えて、さあ出発!


と思ったら、5分もしないうちに犬の糞踏んづけて泣く泣く帰って
タイヤだけ洗車した三等兵です。

テメーんちの犬ッコロのクソ始末くらいちゃんとやれや!!ヽ(#`Д´)ノ┌┛
しかも堂々と道の真ん中とか・・・禿げ散らかれ!飼い主!! ハアハア



さて、実家に帰ってる時に深夜にコッソリラーメン。
渋沢まで足を延ばして、「阿闍梨」へ行ったのですがタッチの差で閉店。。。
「なんつっ亭 本店」も終わりだし・・・
そのまま246号を東へ向かい、スマホで調べたのがコチラ

店舗写真撮ったつもりだったけど、撮れてませんでした。
なので写真無しです。

「庄家 秦野店」

深夜の訪店にも拘わらず、続々とお客さんが入ってきますね。
人気店のようです。

さてカウンターに座り、メニュ拝見。(ここでも写真撮れてませんでした)
並にキャベツトッピングすることに

店員さんにキャベツは生かボイルか尋ねてみると
どちらでも可能との事。
生にしていただきました。

更に張り紙には「特製マー油あります」の文字が・・・
家系に鶏油ではなく、マー油とは珍しい。
珍しいけど、冒険はしたくなかったので見なかったことにw

6分後
__ 7
キャベツてんこ盛りの固め・濃いめの並ラーメン到着です。


__ 8
スープは豚骨醤油ど真ん中のサラショッパ系
直系よりやや弱め、どちらかというと壱系に近いスープ。
乳化度もそこそこ
ただ、課長さんが支配的ではありますが・・・
カエシはややショッパ目、ここら辺は好みに偏ると思いますが
自分的にはOK牧場(←酔ってる)



__ 10
ボケてますが、麺は中太縮れ
固めオーダーですが、かなり固めの提供ですね。
これならばデフォでも充分な硬さでしょう。
加水は低めなのか、若干のゴワツキ感と粉っぽさを残した印象。

__ 9
塩味の強い豚肩チャーシュー
サクッとジューシーなお肉で、味付けも文句なし。




生キャベの影響か?スープの温度低下が著しく
後半はだいぶ温くなってしまいましたが、それでも最後まで
美味しく頂く事が出来ました。




実家からそこそこ近く、深夜まで営業してるので
再訪はするかと思います。






ご馳走様~





category: 神奈川のラーメン

cm 0   tb 0   page top

くまもとらーめんブッダガヤin小田原市 

ロードバイクで実家まで帰ろうかと考えてたんですが
前回の苦い記憶が蘇り、車に積んで帰るというヘタレっぷりを
露呈した三等兵です。

ええ、ヒヨリました。
自分に負けたんです。


はい、ブログ名も「チャリンコラーメン道」から「チ〇コラーメン道」いや
「チン〇スラーメン道」に・・・




冗談はさておき

丹沢湖まで走って来て帰りに寄りました。
久々3年ぶりでしょうか
__ 3
くまもとらーめんブッダガヤさんです。

店舗前に駐輪したんですが、昔の様な強烈なブタ臭は漂ってきませんw
苦情でも出たんか?ワラ

以前は、店前に信号機付き横断歩道があるんですが
渡る前から臭くてマニアが手を叩いて喜ぶという
伝説のお店だったんですけどね。

さて、お昼時で先客は4名。
カウンターに座る。
椅子が丸太の手作り感あふれてるアンバランスな座り心地
懐かしいw
油塗れな厨房
懐かしいw
薄汚れたメニュー
懐かしいw
そして、スキンヘッドで白髭の店主さん
おかわりなく懐かしいw

昔通い詰めたあの頃より何も変わってなくて
なんだか嬉しかった。


さて、感傷に浸った後はラーメン
IMG_2320.jpg
店名を冠したメニュー、ブッダガヤらーめんが発注より10分で配膳されました。

桂花出身というコチラのブッダガヤらーめんは、桂花でいうところの「太肉麺」
角煮が乗ってます。

IMG_2321.jpg
スープは見た目ブラッキーですが、レンゲで掬ってみると茶褐色。
所々にマー油が存在。
乳化度は中程度でサラクド~
塩分高めで喉に引っかかり感を覚えますが、これがボク的には好きなんですよね。
臭い事は臭いけど、最盛期に比べると大人しい印象www
ブタMAX時代が懐かしい。
それでも満足できるくらい美味しいんですけどね~

IMG_2322.jpg
麺は中太ストレート
固茹で加減でボキッとした食感は中々なもの。
熊本直送かな?
この辺では無い感じの麺でしたね。

IMG_2323.jpg
豚バラの角煮
濃いめの味付けで柔らかくとろける様な食感。
元々スープが強いので邪魔になりません。
プルルンな脂身も程よく、絶品ですね。




トータル評価
お店は汚いけど、拘りを感じる。
スープは温めが気になる。
職人気質な無骨店主さん(話せば気さく)
時代遅れな感は拭えないけど、まだまだコアなファンを魅了し続けてる。


いつまでも続けて欲しい
小田原ラーメンのトップ的存在のお店でした。



ご馳走様でした。





おまけ

__ 1
IMG_2316.jpg
IMG_2318.jpg
足柄から丹沢湖

category: 神奈川のラーメン

cm 0   tb 0   page top

クロスバイクタイヤ 

ボクのクロスバイクは、ビアンキのカメレオンテ1っていう
クロスの中では安い部類のバイク。

そういうのによくありがちなパーツが激安物の寄せ集め
ってパターン。

例に洩れず僕のもそのうちの一つで
コンポこそSHIMANOだけど、タイヤが聞いた事のない無名のメーカー
自社製??
で、これがまた厄介で散々泣かされました。

とにかく、パンクするわするわw

チューブだけで一体いくら使ったと思ってんだ!

ちょっとした金属破片(尖ってない)踏んだだけでもパンクするという・・・
それもそのはず
軽さを求めたのか?タイヤが32Cとは思えないほどい。
そしてい。
更にい。

もちろん、使用する環境や走り方にも依るけど
流石にパンク回数が異常なので、タイヤを替えることにしました。
(そういえば、以前乗ってたエスケープもタイヤ替えるまで随分パンクしたなぁ)

色々調べてたら、

SCHWALBE(シュワルベ) マラソン 700×28cSCHWALBE(シュワルベ) マラソン 700×28c
(2012/11/13)
SCHWALBE(シュワルベ)

商品詳細を見る

こんなものがありました。

とにかくパンクしない代物だそうで
無駄に頑丈だけど、やや重いのが難点。

シュワルベといえば、ドイツの有名メーカー
よくチューブとか安く売ってます。
ちなみに国内産のパナソニックのタイヤは結構いい値段取るw

楽天レビューでも、パンクとは無縁などと書かれていたので
購入しました。



履いてみた感想

重量感は前と変わりません。(タイヤの太さを細くしてある分、やや軽くなっているため)
もちろん細くしたことにより物理的に安定感は低くなりますが
もともとロードバイク乗っているので、あまり気にならなかった。
これでパンクしにくくなるなら、安いもんかなー


ストイックに速く走りたいなら、オススメではないですが
ツーキニストや街乗り、休みの日にチョイ乗り程度なら
このタイヤがおススメです。




































やっぱ、ゴム製品は厚いのが一番www
薄さ0.03mmとか0.01mmなんて信用出来ん!

category: 日々の出来事

cm 2   tb 0   page top

骨のZui in前橋市 

先週の大雨の中、都内をチャリンコで走ってきた
ドМの三等兵です。

築地のお寿司は美味しいねw
寿司ざんまいだけどさ

マグロ女は嫌いだけどマグロの赤身と中トロの旨さに感動

さてさて、
残りのレビューを吐き出します。

こちらは定期的に訪問してます
IMG_2283.jpg
骨のZuiさんです。
今回の訪問目的は、限定のバルサミコらー麺汁有りバージョン
前回の汁なし限定の汁有り版です。

その他のメニュー
IMG_2285.jpg

俺のブサイクなツラがメッチャ反射してますけど
閉じないでねw
それと、卓上
髪留めは女性には嬉しいアイテムも装備。

松子と12分・・・
IMG_2286.jpg
上の画像の一杯が配膳されました。
洋風テイストなビジュアル。

IMG_2288.jpg
まずはスープ
豚骨と表層オイルの分離したツートンスープをレンゲで少し撹拌
一口啜ると、酸味のお陰か豚骨部分がハッキリ輪郭を形成して
奥行きのある味わい深いスープに早変わり。
これは個人的に◎!
麺を啜ることも忘れて、一心不乱にレンゲを口に運ぶ
有りそうで無かった一杯に心踊るね~
このセンスの良さは流石!!

IMG_2289.jpg
麺は通常メニューに使用の細麺とは違った平打ち形状の中麺。
これと言って特徴のない麺ですが、あくまで今回の主役はスープなので
全然不満は無しです。

IMG_2290.jpg
IMG_2291.jpg
具材は色とりどりな豪華仕様
水菜に茹でアスパラに茹でキャベツ、ミニトマトとカットレモンの酸味が
更にスープを引き立てますね。
豚のコマ肉には生姜でしょうか?
濃いめの味付けとなってます。



いやーウマいねー
また来ますよ。



食べたのGW前だけど・・・w





ご馳走様です。


category: 前橋市のラーメン

cm 0   tb 0   page top

豚骨らーめん いちご家in本庄市 

うどん屋でぶっかけうどんの「ぶっかけ」という言葉を耳にする度
あらぬ妄想してしまう、三等兵です。


女性客「温かいぶっかけ下さい」





店員「ハイ、ぶっかけ 一丁ね!!!」




この名前考えだした人、  天才www





さて、約1年半ぶりの訪問となります。

IMG_2253.jpg
豚骨らーめん いちご家さんです。

夜10時過ぎの訪問で先客1組、後客ゼロ
カウンターに陣取り、メニュー拝見。

IMG_2254.jpg
IMG_2255.jpg
IMG_2257.jpg
IMG_2259.jpg
醤油豚骨らーめん(こってり)をオーダー

8分後に到着。
IMG_2260.jpg
メニューにはチャーシュー2枚と書いてありますが
3枚乗ってました。

IMG_2267.jpg
卓上アイテムの白ごま投入~

IMG_2266.jpg
おろしニンニクは無料トッピングなので、お願いしました。


IMG_2263.jpg
まずはスープ
背脂チャッチャが適量入った豚感タップリのスープは
変なクドさ、臭みは無く濃厚なんですが
ちょっと煮詰まり感があるかな~
呼び戻しスープは出身店の「大谷」を凌駕した印象。


IMG_2261.jpg
極細麺、粉っぽさが身上の粉落とし指定。
あれ?こんなに麺美味かったっけ??
っつーくらい好印象。
バキバキ食感にプッツリした嚙み応え
スープの持ち上げも申し分なし。
更に短い茹で時間の麺を食べてみたくなる・・・
3秒くらいとかw
中々のイケ麺で御座いますよ。

IMG_2264.jpg
チャーシューはバラロールで
柔らかホロホロな赤身とトロトロな脂身の割合が6:4くらいでしょうか
やや小振りですが、3枚乗っていて濃いめな味付け。

IMG_2265.jpg
ショッパ目な味玉はちょっと強い気がしますが、
濃厚なスープの邪魔にはならない程度なのでまあよいでしょう。


替玉は2つ
やはり粉落としでしたが、美味いなぁ



ホールやってたオバちゃま店員さんに
私服褒められちったw

「こういう服ってどこで買うの?」


ア〇イル・・・とは言えず・・・

「と、東京」

と咄嗟に嘘つく私orz   おばちゃん、ゴメン




とにかく、満足のいく豚骨ラーメンでした。




ごちそーさまでした。


category: 埼玉のラーメン

cm 0   tb 0   page top

十代目哲麺 藤沢店in藤沢市 

先程の家系を出まして、すぐご近所のこちら


IMG_2243.jpg
十代目哲麺さんで連食です。

十代目って事は代々受け継がれてるんですかね?
調べてみたら、初代は昭島店で五十六代まであるんですね(14年6月2日現在)

さて、夜11時になろうかという時間帯。
客の入りは3割程度。
IMG_2244.jpg
食券制。
とりあえず、初訪なので左上の豚骨醤油ラーメンで
500円とはまた前店の家系と価格差がだいぶありますね。


IMG_2245.jpg
卓上

IMG_2246.jpg
10分チョイかな?
白が強いミルキーっぽいスープに薄茶のマー油が半々くらいの割合
初めは牛乳ラーメン?と思わせるようなビジュアルに戸惑いを感じました。
そこにキクラゲ、刻みネギ、海苔などが乗った仕様。

IMG_2248.jpg
まずはスープですが、豚の存在感は薄いもののクリーミーでマイルド。
マー油のビター感は残るけど、しつこさはなく軽くて飲み易いスープですね。
ここまでは九州豚骨と思いきや、後に残る鰹節風味が九州豚骨と一線を画しているようです。
コスパを考えると、悪くない・・・というかむしろ良い方だと思うんですが
残念な点が2つ

スープが若干温い。
乳製品のようなミルキーな味が支配的。





IMG_2247.jpg
麺は細ストレート麺。
乾麺に似た粉っぽさのない麺ですが、ハリガネ→粉落としで
そこそこのザクザク感は出てくるので、個人的には許容範囲でしょうか・・・
麺量は少なめですが、50円ならば上出来。
腹を満たせ、尚且つお財布に優しいと捉えれば良いかもしれません。


IMG_2249.jpg
チャーシュー
小振りで厚味が無く、完全に味が抜けちゃってパサつきだけが残ってしまった・・・
無い方がよかったかも・・・

他の具材は悪くなかっただけにチャーシューの悪さが目立つ結果になってしまった。





接客は悪くないが愛想も無い。
こんなタイプのラーメンもたまには勉強になります。



ごちそーさんです。

category: 神奈川のラーメン

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。