06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

チャリンコラーメン道

チャリで行った飲食店(主にラーメン屋)を亀ながら書き綴っていくブログ。その他、たわいもない出来事とか気まぐれに更新予定

渡なべin新宿区 

あー


風呂入りたい・・・




マットでイチャイチャしたいw







江戸の町娘と×××したいwww







そんな妄想を抱きながら、早稲田通りを爆走
『あ~、ここを左に曲がったら歌舞伎町なんだなぁ・・・』
と、ヘンな誘惑を断ち切りつつ向かったのがコチラでした。



t2.jpg
渡なべさんです。




金、足りんかなぁ・・・(爆)


言わずと知れた渡辺樹庵氏のプロデュース店。
お昼を過ぎてますが、並びはありません。
が、店内は満席でした。8席だけどね・・・

オープンしたての頃は、その濃厚さで衝撃を受けたものですが
さて現在はどうなのでしょうか?


メニューはラーメンにつけ麺、トッピングが数種類
サイドにちゃーしゅー飯とライス


店外は小料理屋風で中はカウンターのみのバーのような作り

ちゃーしゅーめん1130円の食券を買い
しばらくして席が空いたので、そこへ座りしばし待つ。。。



t3.jpg
7,8分だったかな?計るの忘れてました。
見るからに濃厚そうな一杯です。


t4.jpg
鍋用レンゲで掬うスープは若干のトロミで、カツオの香ばしい匂いが立ち上ります。
それを口へ運ぶと・・・やはり節が前面に来ますね。
それを後から追うかのように豚骨主体の動物系の旨味が追従してきます。
無化調なのかな?だとしたらスゲェ



t5.jpg
麺は中程度のストレート
見た目は豚骨系の細麺ぽいですが、実際はモチプリな
中加水麺でした。
風味も上々でスープの持ち上げも文句なし。


t7.jpg
肉質の良いバラスト
ホロテイストで濃いめですが、脂身具合も程よく柔らかく
上質な肉感を思わせますね。



t6.jpg
代名詞となった極太メンマ
ボケてますけど、大きさは100円ライターほどで
噛み切るのに一苦労。
縦繊維質なメンマなので、横ではなく縦に裂く感じで頂きました。
歯に繊維質が詰まりまくりますw








魚介豚骨のパイオニアと言われて久しいですが
やはり現在でもその存在感は大きいですねー
忘れかけてたあの頃の味を再確認できましたよ。

麺量の少なさを考慮すればCPの悪さはあるものの、
それを差し引いても満足感は大きい。





ゴチそー様です。
スポンサーサイト

category: 東京のラーメン

cm 0   tb 0   page top

ひなたやin江東区 

東京2日目。

朝からお天気だったので、適当にブラブラして荒サイを走ることにしました。


IMG_2434.jpg
堀切辺り

日曜はサイクリストが多いです。
リア充も多いです。
カップルも多いです。(僕には目障りです)
野球少年も多いです。

とにかく人で溢れかえってます。


IMG_2437.jpg

群馬のサイクリングロードと違って道幅が広く、女装(以前マジでいたw)除草など整備されていて
とても走りやすいですけど人の往来も激しい。

IMG_2438.jpg
荒川ロックゲート
ボクの最後の休憩ポイント。
ここまでくれば、ゴールは近い。

IMG_2440.jpg
九十九折れに清砂大橋を対岸に渡り、右折すれば上の写真の
葛西臨海公園までの土手沿いの道に出ます。
個人的にココは好きです。
海向かって走ってる感じがして

IMG_2441.jpg
葛西臨海公園では、特別撮るところも無かったので
マックでお茶してすぐ引き返すことにしました。

IMG_2442.jpg
スカイツリー


IMG_2445.jpg
そして、お昼はココへ寄りました。
ひなた屋さんです。
お昼よりやや早い時間帯。
先客一名、後客ゼロでした。

IMG_2446.jpg
IMG_2448.jpg
感じの良い店主さんに出迎えられ、カウンターへ座ります。
そして、メニュー拝見。
お安いですね~
では、海老塩ワンタンめんにしましょうか。

お支払いは後払い制。
それにしても、アソコが痒いです。
レーパン穿くと蒸れるんですよね
でも流石にラーメン屋でアソコに手を突っ込んでボリボリ掻く勇気はありませんw

応急処置でセガレにデコピン数発かませば、痛みで紛れます。
これよく俺が使う手で、人目が気になる時とかに効果的なんですよねー
お試しあれ!


とか言ってるうちに到着です。
IMG_2451.jpg
ワンタン5個にメンマ、海苔、青ネギ、チャーシュー、梅紫蘇昆布と白ごまといった具材構成。


IMG_2452.jpg
スープ
!!
驚いたね~ 美味いじゃないですかぁ
節(鯖、鰹かな)や乾物の魚介系とガラ出汁の動物系のバランスの良さといったら・・・
そこへ角の丸い天然塩を加えたスープは、上品を通り越して慈悲深さすら感じます。
梅紫蘇昆布の香ばしさも手伝って清涼感抜群なうえに
香味油の効果も相乗してか、レンゲが止まりません。

IMG_2455.jpg
中細縮れの麺は、個人的に残念・・・
少々加水高めですが、歯切れの悪さからか安っぽく感じちゃうんですよね。
持ち上げはいいんですが、もっと相性のいい麺があると思うんです。

IMG_2453.jpg
太めのメンマは濃い味付け
個人的意見ですが、繊細な塩には薄味の方がスープの邪魔にならなくて良かったかなぁ

IMG_2454.jpg
一言でいうと、旨いです。
肉の旨味が詰まった柔らかい肉で、少々ショッパ目ですが
単品評価ならポイント高いですね。




ワンタンは写真は無いですが、プリプリの海老入りで
餡は決して大きくはありませんが、5個も入っていて
お値段的にも830円とリーズナブル。



総じて
お店の見た目で損をしてる感がありますが、地域密着型ラーメン店の
様相でして、店主さんの控えめな接客といい
生真面目な仕事ぶりといい、近くなら間違いなく通うであろう
とてもレベルの高いラーメン屋さんでした。
場所と外装がね・・・ちと残念





ご馳走様でした。

category: 東京のラーメン

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ